第27番札所 神峰寺 「まっ縦」

  「土佐の関所」、「遍路転がし」と言われる。寺までは三キロ半の上り道である。最後の一キロ半は「まっ縦」と呼ばれる勾配のきつい急坂である。

三菱財閥を築いた岩崎弥太郎の母は幕末の頃、弥太郎の開運を祈願してこのきつい坂を二十一日間、しかも二十キロ近く離れた井の口から日参した。望みが叶えられた後弥太郎は、神峰寺へ山林を寄進している。

 

 

境内に小さな滝のように流れ落ちる清水は「神の峰の水」として名高い霊水である。いまもその効験は変わらず、全国からこの水を戴きに今でも訪れている。

 

この地で文字通り転び、霊験を得た脊髄カリエスの難病であった水谷シズさんの碑がある。