第32番札所 禅師峰寺 「船魂ふなだまの観音様」

 

   海岸の弾劾の上にあり、地元では峰寺と呼ばれ親しまれている。求聞持院という名のとおり、海を見下ろす寺で求聞持を修行されていたからである。禅師とは奈良時代に、へんろ邊路(辺地)修行された修行者を呼んでいたとも言われる。 弘法大師はこの山で求聞持の法を修法され、土佐の沖を航行する船舶の安全を祈願して十一面観音を安置した。以来「船魂ふなだまの観音様」と呼ばれている。歴代の藩主は、浦戸湾を出るときここで海上安全を祈った。 山門の仁王像は鎌倉時代のもので良慶・定明(仏師)の名が刻まれている。 芭蕉の俳句「木枯らしに岩吹き尖る杉間かな」の句碑が本堂前の岩の間にある。