一番札所 「授戒」の写真

 

どんな喜びも、やがて消えますが・・・・・・

 

不安や憎しみも、しばらく続いたあと、

・・・どこかへ消え去ってしまうものです。

 

あとには・・・何にもとらわれないひろがりが、

心に残ります。

そんな「心」を観ることから仏教は始まります。

 

 

「菩提心」をいつも持ち続けます・・・            

 

自分の心を見つめ、合掌します。

仏様に心をゆだねて、悟りを求めること。それが菩提心です。

 

自心の本源を悟れば、
一心の広大な本性の水は静かに澄み渡り、森羅万象を映している。
この心に住する仏は、すべての諸法を知り尽くす。
      弘法大師 「十住心論 海印三昧」

 

すべての人に「仏が宿っている」 のを見ます。

仏と同じ智慧の種が一人ひとりの中に入っています。

心に浮かぶ全ての思いが、仏と同じになれるよう・・・
に、懺悔します。自分の身と口と心を清めます。