お参りの作法

1、山門では一礼して、合掌。

遠方からお遍路さんが遥々お寺の山門に辿り着くと、本尊様は門まで出迎えに出られます。

 

2、手洗いで手を清めます。

手を洗い、心をみそいでお参りします。

鐘楼で、鐘を撞く方はこの時に撞きます。入り鐘出鐘と言って出金(でかね)は好まれませんね

 

3、本堂では
おローソク1本とお線香2、3本をお供えします。

仏に明かりを供え、自分の心にも智慧の灯を燈します。
香りで本尊様を喜ばせます。2本は自分と仏、3本は身と口と心の3毒を清める。


納め札やお写経を、札箱に入れる。

納め札(おさめふだ)に願いを託して本堂、大師堂に納めます。
白い納め札は1〜4回四国遍路をした方、青い納め札は5〜7回、赤い納め札は8回以上
銀の納め札は25回以上、金は50回以上、錦のお札は100回以上お遍路をされた方が納めます。

 

Q  金のおさめ札をお守りにいただく人もいますが?  → 納め札について


A  本来は、「果物や路銀をお接待」したときにお遍路さんからお礼に納め札をいただいたものが、色に関係なくお守りとなります。

たまたま、お遍路で、納め札を札箱に見つけた時に、記念に戴いても構いません。その代わりにお接待や無財の七施とよばれる善行をお積み下さい。諸仏のご加護をよりいただける事でしょう。

 

4、お大師堂へ行き、御参りします。

参拝方法は、本堂と同じです。   ?よく聞く質問コーナー → もらい火について

5、お参りが終わると、納経所へ行き、掛け軸・帳面・白衣に納経をしてもらいます。

 

 

宿坊・宿に到着したら?

 

1、お杖を洗う。

杖はお大師様です。自分が宿で休む前に杖先を洗って納めます。

 

2、食事のときは、食時作法(じきじさほう)

 

 「一滴の水に、天地のはからいを知り
  一粒の米の恵みにこめられた、万民の労苦を感じ、有難く頂きます。 」

                と唱えた後に、いただきます。

 

 

  TOPページへ戻る