お遍路の衣装

 1、白衣 白い装束は心を無にして、全てのこだわりを捨て、仏の教えに帰依をすると言うことです。

 

 2、金剛杖はお大師様。
歩き遍路を終えた人は、五cmほど杖は短くなっています 。手首に痛みを感じそうな高齢者や、歩き遍路さんには、桐の杖もあります。

 

3、輪袈裟 (わげさ)

僧侶が袈裟を折りたたんで、首に掛けて、持ち運んだことから始まる。

今では仏様への正装としてお着けください。最近は、安価で良くできたのモノも出ています。

 

4、 ずだ袋 (すだぶくろ)

托鉢で頂いたものや、お経の本など僧侶の携帯する物を入れる袋だった。

遍路の修行に使う納経帳や数珠などを入れます。

 

5、 スゲ笠

雨露を凌ぎ、夏の暑さからも守ってくれます。

笠には「迷うが故に三界は城、悟るが故に十方は空、本来は無東西、何処に南北有らんや」と書かれている。

 

これら装束は、一番札所の 「本堂の右にある売店」 にても揃います。お気軽にお声かけください

 

お遍路は「白い着物が基本や」思います。

                    (尼僧)木下さん  

恥ずかし言う人もいてるけど、白いのを着たら、「仏様は、直ぐそこにいらっしゃるってわかるもの。」

 

いつもお大師さんに守ってもろてるんよ、大丈夫。

大事なんは、お任せしてくよくよ悩まんことよ。

イヤな事って・・自分の蒔いた種もあるしね、

仏さまから頂いた修行やと思えたら、きっと善い事ある思います。

 

 

  TOPページへ戻る